2010年08月09日

企業減税は一般市民への恩恵はない?

川村たかし名古屋市長は、企業減税を推進しようとしているようです。
確かに企業減税は一般市民には直接の恩恵はないかもしれません。
川村市長は、法人税を安くすることで、企業を名古屋に誘致しようとしています。税金は安くても、たくさんの企業が名古屋に来てくれれば、雇用も増え、税収も増える
という構想なのだと思います。

高校生のころだったと思いますが、豊田市の点訳サークルから、点字楽譜を教えに来てほしいと言われて出かけたことがあります。
トヨタ自動車からの税金がたくさん入るのでしょう。とても立派な福祉会館でした。

話は少し違いますが、視覚障害者協会などは、年金や手当ての増額など、金銭的な要求ばかりしているように思えてなりません。
それよりは、音響信号機を増やすとか、就労支援など、日常生活がしやすく働きやすい環境整備に力を入れてほしいと思うのは私だけでしょうか。
posted by 平瀬 徹 at 15:35| Comment(1) | 日記

2010年08月04日

点字投票、点字の試験について

「点字投票や点字の試験はどのようにするのですか?」というご質問を頂きました。

点字投票は、候補者名や政党名を書いて投票します。
最高裁の裁判官の審査では、辞めさせたい人の名前を書きます。「辞めさせたい人の名前だけ書けばいいんですよ」と言われますが、選挙公報と一緒に送られてくる経歴だけでは何ともわからないので、めげずに全員の名前を書いてきたりします。
点字投票をしたい旨投票所で申し出ると、点字投票用の用紙が交付されます。
点字盤と候補者名一覧は投票所に用意されていますが、早朝に行くとまだ準備されていないことがあります。点字盤と候補者名簿は一セットしか用意されていないため、視覚障害有権者が集中すると待たされることがあります。
近所の人と連れだって投票所に行くときは、お待たせして申し訳ないなあと思います。
点字の選挙公報は、地方の選挙管理委員会が、点字毎日や点字ジャーナルの号外として発行されるものを買い上げて視覚障害有権者に配布しています。そのため、自治体によっては配布されない所もあります。名古屋の場合は、市議会議員の選挙については配布されていません。
近年は、新聞に掲載された候補者の経歴ではなく、選挙公報を全文点訳したものを全国の点字出版所がプロジェクトを結成して製作するようになりましたので、視覚障害有権者にも公平な情報が提供されるようになりつつあります。

点字の試験については、問題と解答用紙が配られ、解答は別紙に書くのが一般的でした。
あんま・マッサージ・指圧師、はり師、灸師の免許試験が都道府県単位で行われていたときは、点字を読むのが遅い中途失明者にも答えやすいように、記述式の問題が多く出題されていました。
しかし、全国統一で試験が行われるようになってからは、四つの選択肢から一つ正しいものあるいは誤っているものを選ぶようになったため、問題を読まなければならない量が増えました。出題はテープも選べるようになりましたが、どちらにしても中途失明者には不利になったと思います。

私が介護支援専門員(ケアマネジャー)の試験を受けたときはビックリしました。やはり四つの選択肢の中から一つ選ぶのですが、選択け肢を別紙に書くのではなく、番号をつぶすよう指示されていました。マークシートと同じです。画期的だと思いました。

先日、愛知県鍼灸師会の理事選挙がありました。
定員15名のところに30名が立候補!
一般の投票用紙は、候補者一覧の中から、投票したい人15名以内に○をつけるようになっていました。
選挙管理委員を仰せつかりましたので、点字はどうしようか考えた結果、ケアマネの試験と同様、投票したい人の届け出順の番号をつぶしていただくことにしました。
今回は郵送投票も認められましたが、当日点字投票する人が集中して総会の進行に支障を来すこともなく、よかったと思っています。
posted by 平瀬 徹 at 10:17| Comment(0) | 日記

2010年07月26日

名古屋は車社会、視覚障害者の移動には不便です

22日、愛知県鍼灸師会に出かけました。
健保の書類は母に車で届けてもらうのですが、今回は私自身が行かなければならない公務がありました
車なら30分もかからない距離なのですが、バスの待ち時間を入れて一時間かかりました。
名古屋の市バスは、地下鉄の駅から発着するように運行されています。
鍼灸マッサージ会館最寄りの停留所「八熊通」に行くためには、中区の「金山」まで地下鉄で出る必要があります。
今回は、中村区の「地下鉄岩塚」でバスを乗り換えて、「尾頭橋」で下車、鍼灸マッサージ会館まで炎天下を10分程歩きました。

昨日は、友人の家の新築祝いのため、「高蔵寺」に行きました。
午前中点訳サークル大樹会の例会が「黒川」の名古屋市総合社会福祉会館であったため、「大曽根」で地下鉄からJR中央線に乗り換えました。
地下鉄大曽根駅はもう25年くらい前に利用したことがあるだけで、駅前広場ができていて面食らいました。広場は、どっちへ行っていいか判らなかったり、突然植え込みに突っ込みそうになったり、スロープや階段に驚いたりします。
地下鉄の改札を出て行き方を尋ねましたが、駅員さんは他のお客様の対応で忙しそうでした。取りあえず駅前広場に出て左に進むように言われました。そして、駅舎らしき建物にたどり着いたので中に入り、近くを歩いていた人にJRの改札までガイドヘルプしていただき、無事乗り換えられました。
帰りは同じ方向の友人が車で送ってくれたので、快適に帰宅することができました。やっぱり高速道路は早いです。
posted by 平瀬 徹 at 19:34| Comment(4) | 日記

2010年06月28日

神様のご利益?それとも努力の賜物?

昨日は父の一回忌の永代法要のため、大阪・茨木の辯天宗冥應寺にお参りしました。
先に水子供養塔にお参りし、ひと息つこうと喫茶室に行ったところ、11月24日の日記に書いたお経本のご依頼者のKさんとお会いできました。
Kさんとお会いするのは初めて。十年間脊髄のご病気で寝たきりだったそうですが、8日の辯天宗の感謝祭には車イスでお参りになり、昨日は普通に歩いてお参りでした。一時間余りの永代経法要にも一緒にお参り下さいましたし、ゆっくりゆっくりでしたがお百度参りもされていました。
神様のご利益なのか、それともKさんのご努力の賜物なのかわかりませんが、本当に十年も寝たきりだったとは信じられませんでした。
Kさんは網膜剥離で失明されましたが、頑張って点字も覚えられ、般若心経も唱えられるようになりました。
今は、ベートーヴェンの第九を歌う目的に向かって邁進中!ミクシィやツイッターでカナで書かれた第九の歌詞がないか、また点訳していただけないか呼びかけたところ、マイクミのtenshimaさんが点訳して下さったので、お送りしたところでした。
Kさんのご努力を見習って、私ももっともっと頑張らなければと思った一日でした。
posted by 平瀬 徹 at 14:15| Comment(1) | 日記

2010年06月19日

オンラインゲームについて(昨日のブログの続きです)

GPSで測位するゲームでは、その地域に行かないとGETできないアイテムがあります。
わざわざおみやげアイテムをGETするために出かけて行く人もいます。家に引きこもりがちだった人が外出するきっかけになっているのではないでしょうか。コロプラの隕石を回避するためには、2キロ以上移動するか、移動が不可能なときはミサイルを購入して発射する必要があるそうです。
おみやげアイテムをGETするためのバスツアー(休憩所には携帯電話充電器完備)もあるそうです。
コロプラでは、指定のおみやげを購入すると、コロカというカードをもらえて、カードに書かれているシリアルナンバーを入力すると、サイト内でバーチャルおみやげをGETできます。地域の活性化に一役買っていると思います。

オンラインゲームは基本的に無料で楽しむことができますが、お金を払ってレアなアイテムをGETすることもできます。
私もミクシィポイントを購入してまちガチャを回してアイテムをGET、アイテム市場で売って銭を稼ごうという衝動にかられることもありますが、今のところ自制してい
ます。マイミクさんとのアイテムの交換で街を発展させている人もいらっしゃるからです。
戦争ゲームでは、EDYなどの電子マネーで強力な武器を所持するか否かが勝敗につながるそうです。
オンラインゲームもけっきょくはビジネスなんですね。
posted by 平瀬 徹 at 11:30| Comment(0) | 日記