2011年04月17日

十輪寺のしだれ桜

十輪寺境内:のしだれ桜

4月17日は、辯天宗宗祖、智辯尊女の天啓の日です。
今年は辯天宗の春季大祭と天啓の日が同じ日になりました。
朝9時から、十輪寺で天啓記念法要が行われたそうです。
辯天宗は、1934年に奈良県宇智郡野原村(現五條市)の十輪寺住職である大森智祥師の妻であった大森智辯(大森清子、旧姓吉井清子)様が、大辯才天女尊より天啓を受け、御神示をされるようになったことが立宗につながっています。
posted by 平瀬 徹 at 15:29| Comment(5) | 日記

2011年02月26日

視覚障害者用簡易型金種判別器『ビルーラ』

群馬県前橋市で鍼灸マッサージ治療院を開業、福祉用具の開発・販売も手がけている有限会社ハリックスが、、お札の判別が難しい視覚障害者に向け独自開発した簡易型金種判別器『ビルーラ』の提供を始めました。
「ビルーラ」は、お札を意味する「bill」と、 定規の「ruler」の造語だそうです。
同社で雇用している視覚障害マッサージ師が、紙幣の判別による客との金銭トラブルをきっかけに、簡易型金種判別器『ビルーラ』の開発に着手したそうです。
私が生まれたころのお札は、縦横のサイズが違っていましたが、現在のお札は横の長さが数ミリずつしか違いません。現在流通しているお札には視覚障害者用の識別マークがついていますが、くしゃくしゃになると判別には時間がかかります。
ツイッターでビルーラの開発者・江藤勉さんと知り合い、送っていただきました。
ビルーラを開いて使用できる状態の写真
『ビルーラ』は、紙幣の出し入れがしやすいV字型の口・確実に判別するために紙幣の位置決めをする引き込み口、外出先やどこでも使いやすいよう携帯に便利な折りたためるコンパクトサイズ、首から下げれるようストラップも取り付け可能、といったさまざまな工夫が施されています。

使い方は、
1.左手で本体の重なっている方を手前に持ちます。
2.右手で固定しているホックを外すと、本体が開き、紙幣が挿入できる状態になります。
3.右手で紙幣を持ち、開いている本体の奥に挟み込むように入れ、奥まで挿入します。
4.左手の親指と人差し指で本体の金属部を持ち紙幣を挟むように 軽く閉めます。
5.本体下部の切れている所で、右手の親指と人差し指で紙幣をはさみ、突き当たるまで引っ張ります。
6.右手人差し指で本体上部の段差部の紙幣の位置で、金種を判別します。
 段差の一番低い順に、一万円札、五千円札、千円札となります。
8.使用し終わったら、左手で本体を持ち、右手で本体の厚みの違うところで折り返しホックを留めて固定します。
ビルーラをたたんだ写真
今までにもプラスチック製の紙幣見分け板は販売されてきましたが、ビルーラは皮のような高級感がある素材なので、白衣のポケットに入れておいたり、ネックストラップを取り付けて首から下げれば、患者さんから治療代を頂いたときにすぐお札を判別することができます。
ビルーラにストラップをつけた写真
価格は1,200円(メール便の送料込)と安価です。
ビルーラはコンパクトで携帯にもいいのですが、私は、クレジットカードにサインするための枠がついたものや、財布にビルーラがついたような、多用途のものも開発していただけることを期待しています。
posted by 平瀬 徹 at 15:22| Comment(0) | 日記

2011年01月02日

ソーシャル・ネットワーキングサイト [mixi(ミクシィ)]について(2011/1/4追記)

皆さん、明けましておめでとうございます。
昨年は自然気胸による年越し入院に始まり、失恋に終わるという何ともパッとしない一年になるかと思いきや、大晦日に心筋梗塞で救急搬送させていただいた患者さんが平癒のご挨拶に来て下さって、ホッとしました。
最後の最後に吉報があったのですから、今年一年はよい年になりそうな予感がしています。
父がいない生活にもやっと慣れました。
今年は、もっともっと母親孝行をしたい。母を安心させられるように、積極的に婚活しようかな!

今日は、表題のmixiについて、最近感じていることを書きたいと思います。
mixiには、障害者のパソコンサポートボランティアをなさっているさとさんから「Windows画面読みソフトでもアクセスできるかどうか試してほしい」と言われて参加しました。
mixiには、パソコン通信をしていたころのフォーラムやCUGのように、同じ趣味や目的を持つ仲間同士の情報交換の場というイメージを持ちました。完全招待制だったので、プライバシーも守られるという安心感もありました。
視覚障害者がインターネットにアクセスするためには、広告などを読み飛ばして必要な情報にジャンプできる機能が必須になります。高知システム開発のNetReaderには、開発当初からmixiに快適にアクセスできるような機能を搭載してほしいと要望し、スマートナビ機能で実現していただきました。
私は、点字やお気に入りのジャズライヴハウス、自身が患った肺気胸、信仰している辯天宗のコミュニティなどに参加するようになりました。

しかし、昨年3月1日から、既存ユーザーからの招待がなくても、一定期間にマイミクシィになってもらえる人を探せば、ユーザーになれるようになりました。私が参加しているコミュニティには興味がないけれど、別のコミュニティに入りたいという人から、マイミクシィになってほしいと言われたことがあります。点訳ボランティア仲間からの申請だったので、お受けしました。
mixiのコミュニティに参加してみたら「あ、この人も参加していたんだ」ということが判ったこともありますし、マイミクシィのプロフィールページから、どんどん人と人とがつながってマイミクシィになるというケースもあります。
「まちつく」という、お互いの街を支援しあいながら発展させていくゲームがあります。支えあうマイミクシィ(マチミク)が多いほうがいいので、どんどんマイミクシィを増やす人もいます。最近まちつくはギフトの授受に時間がとられ、ご当地アイテムの交換や掲示板投稿による支援をさせていただく時間がなくなってしまったため、私はあまりアクセスしなくなってしまいました。
mixiは広告収入による運営による所が多いので、仕様変更は仕方ないことなのかもしれませんが、私が招待していただいたころとはかなり雰囲気が変わってきているように思います。

ひらせ鍼灸院の患者さんの中には、このブログやツイッター、mixi内の私が参加しているコミュニティを隅々まで読んでから「ここなら安心」と来院して下さる方もいらっしゃいます。
ですから、これからも私はこれらの情報発信手段を大切にして行きたいと思っています。

しかし、mixiは以前のようにプライバシーが守られ、安心して参加できるコミュニティではなくなってきています。
メンタルの悩みをお持ちの方の参加も多いです。
昨年末、私の言動により、マイミクさんや、コミュニティーの管理人さんにご心配やご迷惑をおかけしてしまうことがありました。
mixi内での言動には充分注意しないといけないなあと思うようになりました
posted by 平瀬 徹 at 19:02| Comment(1) | 日記

2010年12月09日

高知城にきました

F1010062.jpg
久しぶりに柚子味のアイスクリンを食べました。
高知城は国宝から外されたらしい。
竜馬は高知城には身分が低く入れなかったらしい。
posted by 平瀬 徹 at 14:36| Comment(1) | 日記

2010年12月08日

ランチは

F1010060.jpg
高知県立美術館で、なぜかイタリアン
posted by 平瀬 徹 at 12:00| Comment(2) | 日記