2011年12月13日

鬼頭ふじさん、安らかにお眠り下さい

「声の漢点字情報」という漢点字のカセットテープ雑誌で、名古屋の点訳ボランティア鬼頭ふじさんがお亡くなりになっていたことを知りました。
二年くらい前、「軽い脳梗塞を発症し、麻痺はないものの物が二重に見えるので、点訳を続けられない」というメールを頂いていました。
ご主人にお電話してお伺いしたところ、「二週間くらい前に体調を崩したので病院に行ったところ、膵臓と肝臓に癌が見つかり、手の施しようがないと言われたものの、眠るように亡くなりました」ということでした。

鬼頭さんは、大樹会(旧六つ星会点字出版部)の会員として、将棋、楽譜、パソコン関連など、名古屋では特殊な点訳の先駆け的存在でした。
六つ星会点字出版部が漢点訳に取り組もうと思ったころは、晴眼者も点字のテキストと通信教育で漢点字を学ぶ必要がありました。
しかし、堀場信昭さん、水野英子さんとともに鬼頭さんも川上先生のお宅に押しかけて、先生のノートを写させていただき、ボランティア用の漢点字表を作られました。

名古屋で自費でパソコンを購入され、パソコン点訳に最初に取り組まれたのも鬼頭さんではないかと思います。私も、ハム仲間や鬼頭さんに教えていただきながらパソコンの使い方を覚えました。

鬼頭さんはスポーツも万能で、大樹会の読者との親睦ボウリング大会でも、ストライクの連続でした。
また、ご主人と頻繁に登山もされていたようです。

ご冥福をお祈り致します。
posted by 平瀬 徹 at 11:48| Comment(0) | 日記

2011年12月02日

億劫だった料理が少し楽しくなってきました

ツイッターに、2011年10月21日
「いつまでもあると思うな親と金」ということで、母から簡単な料理のレクチャーを受け始めました。視覚障害者なりの工夫とか、便利グッズの情報とかありましたら教えていただけるとうれしいです。
とつぶやきました。

事の発端は、母がお医者さんに「首の血管に小さな瘤があるので、心臓の検査をしたほうがいい」と言われたこと。「いつ私が死んでもいいように料理を覚えなさい」と言われました。
幸い母は、冠動脈の造営検査は異常なし。

最初は億劫でしたが、最近は料理が楽しくなってきました。まだフライ返しが下手だったり、ガスを一度に二つ以上使ったりはできませんが・・・・・。
寝る前に翌朝のためにご飯を炊いたり、味噌汁を作っておきます。お昼前に患者さんの予約がなければ、焼きそばやチャーハン、ラーメンを作ることもあります。突然の患者さんで母に続きを頼まないといけない日もありますが。

スカイプや点字のお便りで、いろいろ工夫を教えていただきました。
しかし、ベテラン主婦の方々は、音を頼りに直接鍋やフライパンに調味料を入れてらっしゃる方が多いようでした。さすがはベテラン主婦ですね。
「味噌は梅干しくらいの量を手で入れるのがいいよ」と教えて下さった方もいらっしゃいました。
でも、何となく手で入れるのは・・・・・。母と研究した結果、私はカレーライス用のスプーンで味噌をすくうのがいいことがわかりました。
そして、出汁の素はコーヒースプーンで。
洗い物が増えますが。
先日、テレビでキッチン便利グッズを紹介していた中で味噌汁上手を紹介していましたので買ってみました。味噌を容器の中から適量取って、鍋に入れてそのままこすこともできるという便利なもの。これならこし器も要らないし、味噌汁作る度にカレースプーンを洗わなくてもいい。
いい買い物をしました。

買って失敗したのは、置いて使える計量スプーン(4本組)。液体調味料を注ごうとしても、私は下手くそなので外にこぼしてしまいます。鍋の上では置けないし、やはり溢れてしまい濃い味に!
液体調味料を適量入れるには、しょうゆさし計量ポットさじかげんがいいようです。醤油も油も、何回押せばいいかを覚えておけば適量注ぐことができます。

そして、もう一つ見つけたのがアップルカッター(リンゴ分割器) りんごやナシが簡単に8分割に!
皮むきはパームピーラーでできますが、芯を抜くのがまだできませんでしたので、重宝しています。

引き続き、便利グッズや工夫についてのアドバイスお待ちしています。
posted by 平瀬 徹 at 16:56| Comment(0) | 日記

2011年07月11日

父の三回忌追善法要ならびに平瀬家の墓開眼法要

昨日無事終えることができました。
東海地区の辯天宗としては初めての開眼法要なので、辯天宗愛知教区長の野崎様、名古屋第二支部長の鬼頭様にもご無理を申し上げ、ご多忙の中お参りいただきました。
納骨は、骨壺からお骨を取り出して白布に包んで納めるとお聞きしていましたが、墓石屋さんが白布の袋を用意して下さいました。
お参りいただいた方々全員に少しずつお骨を袋に移していただき、納骨致しました。
父もきっと喜んでいることと思います。
開眼は三回忌か七回忌がいいと言われていたので、今までお骨は辯天宗冥應寺に預けてありました。
患者さんから「お母さん、お墓立ったら毎日お父さんに会いに行くよ」って言われていましたが、本当にそんな気がします。少なくとも、花が枯れないうちに取り換えに行くだろうな!

実は、四十九日前に冷蔵庫が氷を作らなくなりました。
冷蔵庫は暑い夏に、お風呂は寒い冬に壊れることが多いようです。
どうしたものかと思っていたら、一晩寝たら直っていました。
そして、今月に入ってまた冷蔵庫が壊れました。今回は全く電源が入りません。いよいよダメかもと思いつつも修理依頼の電話をすると一週間くらいかかるとのこと。でも、新品を買うにしても納品に二週間かかると言われたので、取りあえず直していただかなければならないと思い、住所などお伝えしていると急に電源が復活。
修理屋さんに見てもらったら、全く異常なし。
法要前にお参りに来て下さった近所の方から「またお父さん直したね」って言われてしまいました。
私も父が直しに来たと信じています。

私は目が不自由なのでこれからも周囲の方々にお世話になることが多いと思いますが、今後ともよろしくお願い致します。
posted by 平瀬 徹 at 19:21| Comment(1) | 日記

2011年06月20日

地デジテレビを買いました

もうすぐ「アナログ放送が停波するようですね。でも、本当に完全に停波してしまうのかな?
ひらせ鍼灸院の患者さんでも、まだ地デジ化完了していない方が数名いらっしゃいます。
私も、国の政策になぜ個人がお金を払わないといけないのか不満を抱いています。
しかし、心優しい患者さんが「うちはマンションだから、しばらくはアナログでいいみたい。でも、チューナー買ってみたから試してみる?」と持ってきて下さいました。ところが、感度が悪いようで、画面が暗いしテレビ愛知が全く映らなかったのでNG。デジサポに電話したら「テレビ愛知は出力が弱いのでもう一本中継局に向けてアンテナを立てる必要があります」と言われてますます憤怒。テレビ愛知は県域放送なので、岐阜県や三重県まで電波が飛んで行っては困るのだそうです。中継アンテナたくさん立てるほうがお金かかるのにね。
別の患者さんが「使ってないハードディスクレコーダーあるからつないでみる?」と持ってきて下さったら、テレビ愛知は映りました。
しかし母が「法事のとき薄型テレビがないのはみっともない」と、けっきょく地デジテレビを買うことにしました。ハードディスクレコーダーを持ってきて下さった患者さんは「うち、たくさんあるから法事の日だけテレビ貸してあげようか」ともおっしゃって下さったんですけどね。

最近のテレビやビデオは画面を見ながら設定しなければならないものが殆どです。
音声ガイドがあるものは三菱とパナソニックの限られた機種だけなので、どうしても割高になります。
法事にはリビングと座敷に親戚が入るので、三菱のLCD-40BHR500とパナソニックのTH-L32X3を買いました。

三菱は、番組表の検索や予約録画、サラウンドやジャンルごとの音質設定まで、必要な項目をよく読んでくれます。
今までは日曜日早朝から出かけるときは「題名のない音楽会」を観られなかったのですが、早速毎週予約に設定しました。「題名のない音楽会」を観られる日は、とても優雅な気分になれるんです。
今まではGコードをネットで調べたり、新聞に掲載されている番組表から探してもらって入力して予約していましたが、電子番組表からどんどん予約できるので、テレビッ子(笑)になってしまいそうです。
予約なしで患者さんが来院されたときや、電話が入ってしまったとき、ポーズボタンを押しておけば治療終了後、タイムスリップして続きを観られるのもうれしいです。「ありえへん∞世界」や「秘密の県民SHOW」もこれからは逃さず観られます。
リモコンのチャンネルボタンが浮き出ていたり、その他のボタンも四角や半円形、三角など触って判るようになっています。リモコンの裏には「テレビ」という点字表示があるのもうれしい!これこそユニバーサルデザインです。

パナソニックのテレビは、電源を入れた直後、チャンネルを変えたときに放送局名と番組名を読みます。これは親切なようで、ちょっとうるさいかもしれません。音声ガイドがあるときは、テレビの音声が中断されてしまうからです。

今回は、両メーカーの読み上げの違いにも興味があったし、価格がパナソニックのほうが安いということで選びましたが、今のところは三菱のほうが視覚障害者には自力で操作。設定できる機能が多いと思います。
音質も、最近のテレビは2.1、5.1chなど別にスピーカーをつなぐ人が多いのか、薄型テレビではあまり低音域が出ないのですが、三菱はダイヤトーンというオーディオブランド製品を開発してきたためか、単体でもそこそこの音は出ます。スピーカーを増設しなくてもいいことを考慮すれば、三菱のテレビも高くないのかもしれません。

私は最近楽天やアマゾンなどで価格を検索して購入することが多いのですが、大きいものはやはり近くのお店で買います。
今回も、五年補償があるので、エイデンで買いました。
もちろん配送料は無料で、設置や設定もしていただくことができましたし、耐震マットやブルーレイディスク、「エアコン用だけど」とたくさん粗品もサービスしていただきました。
posted by 平瀬 徹 at 18:05| Comment(0) | 日記

2011年05月05日

辯天宗津島教会

辯天宗津島教会でお祈り
母が津島神社の看板を見て、「辯天さん近いかも!」というのでお参りしてきました。
それにしても、今日はよく歩きました。帰宅したららくらくホンの万歩計は21077歩でした。
朝食を「和食さと 名古屋西インター店」に食べに行って、一度帰宅、また千音寺荘のバス停まで歩いて名鉄バスで津島駅まで。また歩いて吉祥寺でジャズライヴを聴いて、天王川で藤を見て、辯天宗津島教会に足を延ばして・・・・・。
早いもので、父の三回忌法要が7月に迫っています。今月18日にお墓を立てます。墓石屋さんから届いた書類を確認する必要もあり、遠くへは出かけず、母とモーニングやランチに出かけるくらいでしたが、とても充実したゴールデンウィークになりました。
昨年12月10日、ブログに「高知でお香の香りがしたので、何となく惹かれて、隣の竹林寺にお参りしました。真言宗智山派、父のお墓を買った覚王院と同じ宗派ということにご縁を感じました。」と書きました。
今回ライヴが行われた吉祥寺も同じ智山派のお寺でした。そして、辯天宗津島教会にもお参りできました。
もし車で行っていたら、渋滞の中に入ってまでも藤祭には行かなかったことでしょう。
何となく今日は、辯天さまに「津島に来なさい。吉祥寺や津島の辯天さまにご挨拶にいらっしゃい」と言われたような気がしました。そして辯天さまに導かれて生かされていると感じた一日でした。
posted by 平瀬 徹 at 18:09| Comment(2) | 日記