2012年04月08日

辯天宗の感謝祭にお参りしました

橋の欄干から見た桜

毎月8日は辯天宗冥應寺で感謝祭が行われます。
今月は、日曜日に当たったので、お参りできました。
ちょうど桜が見頃、信者さん以外の方もたくさんお花見にいらっしゃっていましたが、どんちゃん騒ぎはせず、マナーを守って観賞されていました。
しだれ桜は触れるからうれしい




管長様のお諭しで印象に残ったお話を・・・・・

私たちは、怪我をした人に「大丈夫?気をつけて、お大事に」と言う。入院している人に「大変だね、ゆっくり養生して、早く元気になってね」などと声をかける。しかし、本当の辛さ、痛さは本人にしかわからない。
本当に、心のこもった言葉を他人にかけているだろうか?
歩行者からすると、自転車や車は怖い存在。
自動車を運転している人からすると、歩行者や自転車は邪魔な存在。
お互いのことを思いやることができれば事故も少なくなるだろう。
立場によって感じ方も違う。
与党と野党が入れ替わっても、国会ではやっぱり批判ばかり。
相手の立場を考え、思いやることができるようになることが大切。
というお話でした。
駅のホーム柵も、視覚障害者だけでなく、風圧でバランスを崩しやすい高齢者にも重要、という話がありました。

確かに、私は鍼灸治療をさせていただいていても、すべての患者さんの病を体験したわけではないので、今までに診せていただいた患者さんの病状から想像して経過を予測したりアドバイスさせていただいたりすることしかできません。
私が気胸で入院したとき、妹に「大丈夫だわ〜〜」って言われても、「何が大丈夫なんだ。再発率四割って言われているのに」と腹立たしく思ったものでした。
私は自転車に白杖を折られたこともあり、なかなか自転車に乗っている人の気持ちにはなれません。
しかし、これからは、今回の管長様の法話を事あるごとに思い出し、他人の立場に立って物事を考えなおしてみるようにしようと思います。
posted by 平瀬 徹 at 21:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]