2011年06月20日

地デジテレビを買いました

もうすぐ「アナログ放送が停波するようですね。でも、本当に完全に停波してしまうのかな?
ひらせ鍼灸院の患者さんでも、まだ地デジ化完了していない方が数名いらっしゃいます。
私も、国の政策になぜ個人がお金を払わないといけないのか不満を抱いています。
しかし、心優しい患者さんが「うちはマンションだから、しばらくはアナログでいいみたい。でも、チューナー買ってみたから試してみる?」と持ってきて下さいました。ところが、感度が悪いようで、画面が暗いしテレビ愛知が全く映らなかったのでNG。デジサポに電話したら「テレビ愛知は出力が弱いのでもう一本中継局に向けてアンテナを立てる必要があります」と言われてますます憤怒。テレビ愛知は県域放送なので、岐阜県や三重県まで電波が飛んで行っては困るのだそうです。中継アンテナたくさん立てるほうがお金かかるのにね。
別の患者さんが「使ってないハードディスクレコーダーあるからつないでみる?」と持ってきて下さったら、テレビ愛知は映りました。
しかし母が「法事のとき薄型テレビがないのはみっともない」と、けっきょく地デジテレビを買うことにしました。ハードディスクレコーダーを持ってきて下さった患者さんは「うち、たくさんあるから法事の日だけテレビ貸してあげようか」ともおっしゃって下さったんですけどね。

最近のテレビやビデオは画面を見ながら設定しなければならないものが殆どです。
音声ガイドがあるものは三菱とパナソニックの限られた機種だけなので、どうしても割高になります。
法事にはリビングと座敷に親戚が入るので、三菱のLCD-40BHR500とパナソニックのTH-L32X3を買いました。

三菱は、番組表の検索や予約録画、サラウンドやジャンルごとの音質設定まで、必要な項目をよく読んでくれます。
今までは日曜日早朝から出かけるときは「題名のない音楽会」を観られなかったのですが、早速毎週予約に設定しました。「題名のない音楽会」を観られる日は、とても優雅な気分になれるんです。
今まではGコードをネットで調べたり、新聞に掲載されている番組表から探してもらって入力して予約していましたが、電子番組表からどんどん予約できるので、テレビッ子(笑)になってしまいそうです。
予約なしで患者さんが来院されたときや、電話が入ってしまったとき、ポーズボタンを押しておけば治療終了後、タイムスリップして続きを観られるのもうれしいです。「ありえへん∞世界」や「秘密の県民SHOW」もこれからは逃さず観られます。
リモコンのチャンネルボタンが浮き出ていたり、その他のボタンも四角や半円形、三角など触って判るようになっています。リモコンの裏には「テレビ」という点字表示があるのもうれしい!これこそユニバーサルデザインです。

パナソニックのテレビは、電源を入れた直後、チャンネルを変えたときに放送局名と番組名を読みます。これは親切なようで、ちょっとうるさいかもしれません。音声ガイドがあるときは、テレビの音声が中断されてしまうからです。

今回は、両メーカーの読み上げの違いにも興味があったし、価格がパナソニックのほうが安いということで選びましたが、今のところは三菱のほうが視覚障害者には自力で操作。設定できる機能が多いと思います。
音質も、最近のテレビは2.1、5.1chなど別にスピーカーをつなぐ人が多いのか、薄型テレビではあまり低音域が出ないのですが、三菱はダイヤトーンというオーディオブランド製品を開発してきたためか、単体でもそこそこの音は出ます。スピーカーを増設しなくてもいいことを考慮すれば、三菱のテレビも高くないのかもしれません。

私は最近楽天やアマゾンなどで価格を検索して購入することが多いのですが、大きいものはやはり近くのお店で買います。
今回も、五年補償があるので、エイデンで買いました。
もちろん配送料は無料で、設置や設定もしていただくことができましたし、耐震マットやブルーレイディスク、「エアコン用だけど」とたくさん粗品もサービスしていただきました。
posted by 平瀬 徹 at 18:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]